いぼ治療

いぼは人に感染する

いぼは人に感染する

 

いぼ(ウイルス性疣贅)は、ウイルス(HPV)が感染してできる皮膚や粘膜の病気です。そのため、人に感染する可能性があります。ただし、人間の皮膚や粘膜は、解剖学的な構造、免疫の働きなどといったさまざまなバリアー機構によって、ウイルスや細菌などの感染から守られています。なので、正常な皮膚や粘膜には通常、感染しにくいと考えられます。

 

しかし、いぼが感染する事例として、皮膚や粘膜に小さい傷ができてウイルスの侵入を許したり、免疫力が何らかの理由で低下したりすると、いぼができやすくなり、ひどくなり、治りにくくなることがあります。

 

もし、免疫力の低下を引き起こすような病気にかかっている場合や、免疫を押さえるような治療を受けている時、アトピー性皮膚炎などで皮膚のバリヤー機能が低下している時などは、いぼの感染に特に注意しましょう。また、手荒れや髭剃りなど、目に見えないほどの小さな傷からも侵入することもあります。

 

一方、性行為による性感染症(性病)の尖圭コンジローマ、ボーエン様丘疹症も、いぼが伝染するので注意しましょう。感染する前も後も、パートナーと一緒にいぼの予防やいぼ治療に取り組んでいく必要があります。